住宅ローン

住宅ローンとは、住宅を購入する資金を調達するためのローンです。住宅を購入するには少なくとも数千万という莫大な資金が必要ですから、その資金を調達するために多くの人が住宅ローンを利用します。住宅ローンの返済も約20年から35年程度と、かなりの長期間に渡ります。


その住宅ローンには住宅金融公庫に代表される公的融資と民間金融機関による民間融資の2つがあります。その他の公的融資には、年金住宅融資や財形住宅融資がありますが、年金受託融資は2005年1月で新規申し込みを終了しています。民間金融機関による融資は、1994年の規制緩和以降競争が激化し、現在では各社から多種多様な住宅ローンが発売されています。


住宅ローンの返済額や返済期間に大きな影響を及ぼすのが金利です。住宅ローンの金利には、固定金利、変動金利、固定金利選択型変動金利、段階金利などがあります。民間住宅ローンでは当初数年間の金利が低く固定されている固定金利選択型変動金利を採用している場合があり、広告では当初数年間の低い返済額しか記載されていない場合が多いので注意が必要です。


バブル崩壊前までは、住宅ローンはとにかく借りてしまえば、後は「土地の値上がり」、「年功序列による昇給」、「インフレによる借金の目減り」を待っていれば良かったのですが、これらの三神話が崩壊したバブル以降では、住宅ローンに関する知識が求められるようになってきています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34432616

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。